FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

2017/01/02 Nikon Transfer 2で激焦り!

当方は、nikonのカメラを使用しています。
で、データのPCへの転送はNikon Transfer 2を使用しております。
カメラとPCをコードで接続してデータ転送するので、記録メディアに触れる必要がなく静電気のリスクを回避できると考えて、この方法を採用しています。

昨日のことですが、転送したデータをLightroomで閲覧しようとすると「予期せずにファイルの末尾に達しました」と表示されて編集ができない状態になりました。
「はて?」と思い、色々ネットを調べてみるとデータがおかしくなっている様子の記事はあります。原因的な記事は特にないし記事の日付も古いので最近の事例ではないことを確認。
方法を変えて、CaptureNX2でデータを開いてみると画像を開くことがでますが、画像の下半分ぐらいが真っ黒になっていました。確かにデータが壊れている様子です。

原因が全くわからなかったので、記録メディア、スロット位置、カメラなどに疑いを広げて、検証を進めるとどんどん被害が拡大していきます。???
記録メディア、カメラの故障にしてはどのカメラで調べても同じ症状が出るので、ちょっとお手上げ状態になりました。カメラを変えても同じ状況に陥ることを考えるとパソコン側の問題を疑い始めました。この頃から、次の仕事が近いのに、こんな状況ですごく焦り始めました。

これはnikonのサポートを頼るしかないと思い、サポートのお休み状況をHPで確認することにしました。
nikonのサポートを確認するついでにサポートのニュースを閲覧してみると、こんな記事が!

macOS Sierra バージョン 10.12.2上でNikon Transfer 2を使ってデータを転送するとデータの一部が破損するだと!
なんじゃ、コリャーー!!ですよ。データの破損だなんて、こんなことちゃんとアナウンスしてくれないと大変なことになります!
これ、仕事のデータだと考えるとゾッとします!!

nikonさん、お願いします!!!

今回の教訓。
・ソフトウェアを介するとその分リスクを抱える。
(静電気のリスクとどちらを取るかですね)
・記録メディアに何か起こった時は、気軽にフォーマットなどせず、現状を維持しましょう。データを復活できるかもしれません。
(今回、まずフォーマットが頭に浮かびましたが、そのまま置いておいたので事無きを得ました)
・OSのアップデータは慎重に
(今のVerはFCPXの最新版を使う関係で仕方なかったんですよね〜)

と、新年二日目から焦らされました。もう、今年の分の焦りは消化しましたので、あとは確実な一年でお願いします。


ISO_DSC1107.jpg 
<おのぼりさん写真>
関連記事
スポンサーサイト
category
写真

Comment

Trackback

http://isoisoisoiso.blog97.fc2.com/tb.php/298-e4b79b52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。